下半身ダイエット体操で足は細くできるか?

下半身ダイエット方法

下半身ダイエット体操とは?

下半身ダイエットに効果的な体操の方法をご紹介しましょう。下半身ダイエットは、誰にでも簡単に行うことができます。

小学校や中学校の体育の時間に、踏み台昇降をした経験のある人は多いと思います。

体力テストでは必須項目の踏み台昇降は、有酸素運動で、踏み台に上ったり下りたりを何度も繰り返します。

踏み台昇降は、少しの段差がある場所なら簡単にできます。または、踏み台があればどこでもできますね。

ただし、ウォーキングのようにまっすぐ平らな道を歩くのとは違い、短時間でかなり体力を使うので、長時間行うことは避けたほうがいいでしょう。5分〜10分程度の運動にとどめておくといいでしょう。過度に行うと、かえって筋肉痛になったり、疲れが出ます。

1度に長時間行うよりも、時間をおいて回数を少しずつ増やして、短時間で行うほうがいいでしょう。

短期間で下半身ダイエット効果は期待できませんが、コツコツと地道に続けることが下半身ダイエットの成功の秘訣です。

ウオーキングで下半身ダイエット

ウォーキングは、下半身ダイエットには最適です。無理なく誰にでもできる有酸素運動に、ぜひ日々の生活にウォーキングを取り入れてみて下さい。

ウォーキングとは、その名の通り「歩く」ことですが、ただ歩けばいいというものではありません。

ウォーキングは、正しい方法で行うことが、下半身ダイエットにつながります。

正しいウォーキング法は、首で頭をしっかりと安定させて、全身の力を抜いておきましょう。10メートル前ぐらいを見て歩くと、首の伸びが自然になり、猫背の予防にもなります。

背筋をピンと張り、肩の力を抜いて、リラックスしましょう。腕はほぼ直角の感じで規則正しいリズムで大きく振りましょう。

腕をよく振ることで、足の動きもよくなり、自然と歩くスピードが早くなります。

早く歩こうと意識する必要はありません。早く歩くことを目的とするのではなく、腕を大きく振れば、自然と足の動きもよくなり、下半身ダイエットの効果も期待できます。